CAREER PATH
● コミュニケーションズ(広報・渉外)の仕事
コミュニケーションズには以下のような3つのグループがあります。
それぞれのグループでは、数年ごとに担当カテゴリーを変更したり、より大きなプロジェクトをリードすることでキャリアとスキルを築いていくことができます。また、各グループは それぞれのステークホルダーに対するコミュニケーション戦略をリードしながら、協力体制をとっています。
Brand Communications
(製品広報)
各ブランドのPR戦略の立案と実行。メディア対応
インフルエンサーとの関係構築など。
Company Communication
(企業広報)
会社のレピュテーションの構築、メディア対応
インフルエンサーとの関係構築
社会貢献活動の立案・実行
社内広報
Consumer Relations
(お客様相談室)
お客様との1-1コミュニケーション業務全般
ソーシャルメディアの運営・管理
● コミュニケーションズ(広報・渉外) 入社後のキャリアパス
コミュニケーションズでのキャリアは、「アソシエート」から始まり、経験を積んだスペシャリストやスーパーバイザーが昇進する時点で、「エキスパートパス」か「マネジメントパス」の2つのキャリアの方向性から選択することができます。
エキスパートパスには、一つの分野における深い専門知識と経験が求められ「フェロー」と呼ばれます。マネジメントパスには、組織のマネジメント能力が求められます。
コミュニケーションのキャリア・パス
キャリア・ポジション 主な仕事内容
ヴァイスプレジデント グローバルにコミュニケーションズ組織を統括する立場
ディレクター 日本におけるコミュニケーションズ事業部を統括する立場で、アジア地域における組織運営・育成を行う
アソシエートディレクター 日本のコミュニケーションズ組織内の3つの役割のうち、いくつかを統括する立場で、アジア地域におけるプロジェクトをリードする
フェロー/シニアフェロー/ソサエティ ビジネス上必要とされる専門的な分野のうち、いくつかを統括する立場で、アジア地域、グローバルにおける、その分野のコンサルテーションを行う。
マネージャー 広い領域(カテゴリー全体やいくつかのプロジェクト)で責任をもち、予算計画を含め、担当組織を管理。部下の育成も重要な仕事。
スペシャリスト/スーパーバイザー より大きな裁量権を与えられ、プロジェクトをリードする。
アソシエート

マネージャーのコーチングを受けながら、担当プロジェクトの企画、実行する。