HR INDEXに戻る
人物写真 Case.1
わたしはこうした!

1.ビジネス戦略立案のプロセスをリードする
まずは、既存のリーダーシップチームにて期待される結果が得られるように効果的に協働しているかを査定しました。その上で、リーダーシップチーム内の議論をリードしながら、チーム全員で以下の作業を行いました。
(1) 市場、消費者、競合、自社のビジネス・組織の現状、また将来の予測などの分析 
(2) 昨年度の戦略の振り返りと、改善点や継続すべき点などの確認、合意
(3) ビジネス・組織のビジョン、グローバルのビジネス部門から期待される役割などを確認・共有
こうしたプロセスを経て大枠の戦略を決定したのち、各専門性に基づきメンバーをそれぞれの小戦略に割り振り、さらに細部を詰めていきました。各小戦略が優先順に沿って厳選されたものであり、整合性を持って互いに結びついており、かつ誰にでもわかる平易な文章で書かれている、といったポイントを議論をうまくリードしながら確実に押さえていきました。


2.ビジネス戦略を組織の一人一人のアクションへつなげるためのプランニング及び実行をする
次に、策定された戦略を組織に落とし込み、個人のアクションを促すために、以下をプランニングし、実行しました。
(1) ビジネス戦略を効果的に組織全体に発表・周知するための事業部ミーティングを企画・指揮する
(2) 個人レベルへの戦略の落とし込みを促進させるために、各個人と上司によるワークプランの作り込みを行うタイミングと方法を指示、上司へのコーチングを行う
(3) 四半期ごとに事業部ミーティングをビジネスリーダーと共に実施し、戦略に基づくビジネスの進捗状況の共有、来四半期に向けての意思の統一を図る。
(4) 定期的に上司への働きかけを通じて、各個人のアクションプランの達成度を確認、必要に応じて個別のフォローアップを行う


事業部として優れたビジネスの結果を出すために、「社員が戦略を正しく理解していること」は「正しい戦略が作られていること」と同等、もしくはそれ以上に大切なことです。なぜならば、ビジネスの結果を生みだすのは一人ひとりの社員の行動だからです。絵にかいた餅である戦略が社員の具体的な行動に反映されて初めて、戦略に描かれた結果がもたらされるのです。

Point!
社員個人の行動と会社全体の戦略を一本の線で結ぶためには、こうしたプロセスを型どおりに回すだけでは足りません。状況に応じたリーダーシップを発揮しながら、熱意をもってビジネスリーダーやラインマネージャーたちに働きかけ、巻き込み、動かしていくことこそがHRに期待されています。