CAREER PATH
PSでは様々なキャリアパスを描くことができます。PS内に存在する6つの組織の中で、組織を異動しながら多角的なスキルを身に付けたり、一つの組織の中で専門性に磨きをかけたりすることで、世界で活躍できる PS leaderとしての能力を培っていきます。
ここでは一例として、2名の社員をご紹介します。
人物写真
人物写真
1~3年目
↓
Physical Distribution team manager

物流ネットワークの構築 / 倉庫・輸送業務の管理
営業倉庫(10箇所)のオペレーション管理を行い、カスタマーサービスの目標を達成。
物流コスト計算プログラムの導入・分析に基づくコスト削減を実現。
新規製品群の取り扱い開始に伴い新たなサプライチェーンの立ち上げと運営。
3~5年目
↓
Material supply management department manager

衣類・台所用洗剤、柔軟剤の原材料安定供給とサプライチェーンの最適化
原材料業者との協働により、サプライチェーンのスリム化・毎年目標以上の在庫削減を達成。
アジア・グローバルの購買・研究開発担当者をリードし、新規原材料のサプライチェーンを構築。
原材料BCP (Business Continuity Plans) の実行により、ビジネスリスクの回避(東日本大震災時など)。
5~8年目
↓
Fabric care supply planning manager

衣類用洗剤・柔軟剤の生産計画を最適なコスト・キャッシュフローの枠組みで立案・実行すること。
毎年目標以上のビジネス伸張を安定供給の観点からサポート。
工場生産ライン・原材料の供給能力のマスタープランを購買・ファイナンス・エンジニアリング担当者と立案し、実現。
工場オペレーション部門と協働し、最適なライン稼働率・人員配置となる生産計画を立案し、コスト・在庫の目標を達成。
9~12年目
↓
APAC Home care Supply Chain leader

APAC Home care (台所用洗剤、衣類用消臭剤など)におけるサプライチェーン管理の全て
サプライチェーン管理部門をシンガポールにて新たに立ち上げ、部下の教育を行いながら運営。
立ち上げ1年以内で、APACでトップクラスの結果を主要指標(カスタマーサービス、コスト、在庫)全てにおいて達成。
在庫管理・削減のプロセスを構築・水平展開を行い、APAC全体での在庫削減に貢献。
13年目〜現在
JP SMO BOP (Business Operation Planning) leader / Demand planning manager

日本向け全製品の需要予測 / 経営陣の意思決定プロセスのプログラムオーナー
需要予測精度の改善をコマーシャルチームのサポートを貰いながら実現。
経営陣が適切な判断をタイムリーに下せるように、意思決定プロセスの安定的な運用・情報の流れなどを改善。
人物写真
1~5年目
↓
Asia Fem. Care PC&IS (電気エンジニア)

新規導入プロジェクトの電気エンジニア
アジアでの新規生産設備の導入にあたり、エンジニアリングの仕事と据付、また立ち上げのサポートを行う。新規製品を開発にあたり、その機器のデザインや開発を行う。入社1年目から海外の工場への出張を経験。
6~8年目
↓
テープオムツの製造(Manufacturing)部門マネージャー @明石工場

人員配置や生産に関わる重要項目(安全・品質・機器のメンテナンス)などを管理。また現場の新入社員の教育。
世界の紙おむつの製造ラインの中で1位の安定性を達成。
インドのベビーケアの製造ライン立ち上げにあたり、インド人メンバーのトレーニングを明石工場で実施。

8~10年目
↓

パンツオムツの製造(Manufacturing)部門マネージャー@インドネシア ジャカルタ工場

ジャカルタに駐在し、生産工場として製造部門のシステムの立ち上げ。インドネシア人社員の製造技術の教育。すべての製造ラインを予定通り立ち上げ、安定してインドネシア市場に供給開始することができた。
10~11年目
↓
パンツオムツの製造(Manufacturing)部門マネージャー @明石工場

パンツオムツの全ての旧製造ライン半年ですべて最新の設備に入れ替えして、立ち上げる。最新設備を導入にあたり、人員配置の最適化および教育。全世界の中で一番短い時間で最新設備に入れ替えて安定供給することができた。
12年目〜現在
テクニカルサポートグループ(エンジニアリング)マネージャー @明石工場

工場のエンジニアリング組織の代表者として、新規プロジェクトの管理、予算の仕分けや管理などを行う。年間を通して全ての新規プロジェクトの工事を予定通り完了した。また30年ぶりに明石工場のリノベーションを実施した。今までで最も短いリードタイムで追加の生産設備を導入することに成功。