MISSION
Fuel profitable growth with winning supply solutions.
P&Gの“ものづくり”に関わるすべての業務をPSが担っています。「戦略的トータルサプライチェーンの構築・運営・ 最適化を通じて、会社の利益成長・売上伸張を促進させる」これが我々PSに課せられた使命です。私たちは、P&Gの300に及ぶすべてのブランド製品群を約180カ国で展開しており、消費者が欲しいと思う商品を、常に適切な価格・品質で供給しています。また、グローバルスケールのノウハウを生かし、刻々と変化する市場のニーズに敏感に応え、業界のサプライチェーンをリードする存在であり続けるため、不要なものを排除し、新たに必要な価値を作り上げる取り組みを進めています。
PSの役割
では、どのようにして“具現化”(=何もないところから商品を造り出すこと)を
実現しているのでしょうか?
↓
期待している製品スペックを実現するためには、どのような製造ラインが必要だろうか?
どのようなテクノロジーを導入すれば、より高品質な製品が安価で作れるだろうか?
今よりも高効率な生産オペレーションを行うためには、どうすればよいだろうか?
また、日本で成功した生産効率改善案は世界中の工場で再適用できないだろうか?
原材料はどこから仕入れれば、もっともリスクが少ないだろうか?
どのような流通ネットワークを構築すれば、顧客と協業し、価値創造が実現できるだろうか?
どのような在庫計画をもてば、キャッシュへのインパクトと機会損失リスクがバランスできるだろうか?
長期的視点に立った場合、どこに工場を建設すべきだろうか?アジア?ヨーロッパ?
新製品導入の際は、どのような導入計画が最適だろうか?
日常業務の中に無駄は潜んでないだろうか?改善のチャンスはないだろうか?
などがPSの担っている役割としてあげられます。
また、上記が独立して実行されている限り、各業務をどれだれ素晴らしく行ったとしてもそれは部分最適でしかなく、真の価値創造には結びつきません。 P&GのPSでは、有機的に繋がった各業務ユニットが長期的供給戦略を立案・共有し、全体最適を目指した継続的改善を実行することで、消費者に最大の価値を還元しています。
もちろん、世界の情勢の変化や原油価格の乱高下など様々な外的要因が存在する中、世界中の消費者に対して、価値ある製品を安定的に供給することは決して簡単なことではありません。その厳しい環境の中であっても、常に最高の技術を世界規模で展開し、P&Gの“ものづくり”をリードすることでビジネスに貢献することがPSには求められています。
また、ものづくりは一人の人間で行うことは出来ません。PS内だけではなく、社内他ファンクションや社外協力会社含めて、多岐にわたる人と共にビジネスを構築する必要があり、その中で共に成長してことができます。
トータルサプライチェーン
上のチャートは商品を生み出す過程を図示したものでトータルサプライチェーンと呼びます。原料・資材の調達、生産工場の立ち上げ、生産設備の導入、プロセス開発、在庫管理、出荷など“ものづくり”に関わる多岐にわたる仕事をあり、その全体統括(人・モノ・金・情報)を行っています。P&GのPSではこの様々な仕事をローテーションしていくことで、キャリアを作っていきます。