TRAINING

P&Gのトレーニングの特色は、必要なトレーニングが必要なときに受けられるというところにあるのではないかと思います。入社直後は、仕事をしていく上で何が必要な知識・能力なのかも探らなければならないような時期です。そんな時期には、会社として、会社全体の新入社員研修や、部署別(R&D)新人トレーニングといったプランがしっかりと準備されていて、R&Dとして仕事をしていく上で最低限必要な知識が入社後すぐに身につけられるようになっていました。2年目以降になると、それぞれの必要性・目的に応じたトレーニングが増えてきます。自分が身につけたい知識・能力が何であるかを自分で見つけ、必要な際にトレーニングを受けることができるので、より効率よく成長していくことができます。もちろん日々の仕事も大きな成長の舞台です。自分の周りの先輩方の仕事を見ながら、日々成長していくことが求められています。

トレーニング
1 英語トレーニング
  グローバル企業で働く上では、英語の語彙や文法だけではなく、自分の考えを英語で伝えるコミュニケーション能力が重要です。数週間に渡る英語漬けのトレーニングにより、仕事をしていく上で必要な英語能力を身に着けることができます。
2 ファブリック&ホームケア新人トレーニング
  R&Dという仕事がどのようなものであるのか、製品がどのように開発されていくのかの基本を学ぶことができます。身近な先輩方がトレーニングを開催してくださるので、実例を元にした分かりやすいトレーニングになっていて、学んだことを自分自身の仕事にもすぐ活かすことができます。
3 プロダクトリサーチトレーニング
  R&Dの中でもプロダクトリサーチという仕事を担当する私の場合、その分野でのより専門的知識が必要になります。消費者理解の方法から、データの分析の仕方など、プロダクトリサーチのエキスパートからその専門能力を学ぶことができます。
4 グローバル研究開発新人研修
  世界中から、その年に入社したR&Dがアメリカ、シンシナティの本社に集まり1週間の密度の濃いトレーニングを受けます。1)R&Dの中の各部署がよりよい製品を作り上げるためにいかに協力しあっているのか。2)世界中の各地域が距離を越えて、いかに一つのグローバル企業として機能しているのか、3)R&Dでどのようなキャリアが存在し、どのようなキャリアを築けばよいのか。そして何より、4)世界中に魅力的な同期がいかにいっぱいいるのかを感じ、学ぶことができます。
5 新商品開発の担当
  上記の各トレーニングももちろん大切ですが、多くの成長、学びは、日々の仕事からくるといっても過言ではありません。P&Gは日々の仕事に対するコーチングも重要視しているので、先輩や上司からの教育的指導は非常に丁寧で、何よりも大切な宝になります。
6 R&D各分野の専門トレーニング/必要に応じたトレーニング
  2年目以降となってくると、必要となってくる能力、知識などは仕事内容によっても、個人の目標によっても大きく変わってきます。P&Gには、個々人の必要・希望に応じたトレーニングが非常に充実しているので、受けたい思うトレーニングを自分で見つけ、実際に受けることができます。