様々な取り組み | ダイバーシティについて | P&G 既卒者採用情報
P&G 既卒者採用
事前登録について パーソナルサイトにログオン 既卒者採用に関するFAQ 選考プロセスについて
会社情報
P&Gについて
P&Gの採用理念
P&Gでのキャリア形成
ダイバーシティについて
P&Gに関するFAQ
ダイバーシティについて
様々な取り組み
1. ダイバーシティ支援制度
柔軟な勤務形態に関する制度 フレックスワークアワー制度
時間短縮勤務
在宅勤務
休暇/休業に関する制度 短期看護休暇
本人の病気休暇
母性健康管理休暇
産前産後休暇
配偶者出産特別休暇
育児/介護休業(および延長)
個人理由による休職
その他 緊急時介護/育児費用払い戻し制度
ベビーシッター利用補助制度
社内公募制度(オープンジョブポスティング)
社内メンタープログラム
ダイバーシティ・ネットワーク主催のラーニングセッション
EAP(従業員支援システム)
健康ホットラインサービス
【仕事と子育て】カウンセリング
2. ダイバーシティ理解・推進のための社員向け各種トレーニング
Diversity Forum テーマを定め、ダイバーシティ理解のために実施しているフォーラム。部門ごとに異なるテーマで開催しています。
Global Communication Skill Training 国籍を超えて英語でコミュニケーションが取れるよう、英会話能力の上達のみならず、円滑なコミュニケーションの方法も学べる集中トレーニング。
People Support People Workshop 国籍・文化・性別等異なる人々と関わりを持ち、お互いの個性を尊重・発揮し合える環境をいかに作り出せるかを考えるワークショップ。
Corporate Athlete 人が最大限の能力を発揮するために必要な4つの要素(フィジカル、エモーショナル、メンタル及びスピリチャル)の促進をどのように行うのかを学ぶトレーニング。
3. ダイバーシティ推進活動
NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンターへの支援-2006年4月より
「きっと、もっと輝く私。」をスローガンに、P&Gが女性支援を進める社会貢献活動の中心プロジェクトです。【仕事と子育て】の両立という、女性が直面する社会的な課題に取り組むことによって、「女性の充実感あふれる、いきいきとした暮らし」を応援します。
「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称:くるみん)を取得-2008年3月
厚生労働省より次世代育成支援対策に取り組む企業として認定され、認定マークを取得しました。
これは、従業員の子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その結果(男性の育児休業等取得者がいること、女性の育児休業等取得率が70%以上など)が一定の要件を満たす企業に対して与えられるものです。
女性の働き方セミナー「きっと、もっと輝く私」を開催-2008年6月
“女性が働きやすい会社”として評価をいただいているP&Gが、これまでに築いた経験や学びを社内だけにとどめず、広く地域で働く女性や企業と共有し、働きやすい社会づくりへ貢献することが目的で神戸市にて開催したセミナーです。自治体やNPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンターの協力を得て、地域の働く女性を中心に、約640人が参加しました。
【仕事と子育て】の両立を応援 “輝く私” 神戸RIC ステーションをオープン-2010年6月
育児休業中や、出産を経て職場復帰をめざす女性をサポートするために、仕事と子育ての両立に関するカウンセリングや情報を提供する施設「 “輝く私” 神戸RIC ステーション」 をオープンしました。NPO法人【仕事と子育て】カウンセリングセンターとP&Gが協働して運営し、神戸市と六甲アイランド地域振興会が後援しています。対象となるのは育児休業中や、職場への復帰を望んでいる女性とそのパートナーで、その人に合った両立の仕方を見つけるカウンセリング、仕事と子育ての両立に役立つワークショップなどを実施しています。P&Gからも、社員ボランティアが業務で培った知識を生かしてメークアップ講座などを開いたり、両立の体験談を提供します。
4. アワード受賞歴
「メンター・アワード2009」優秀賞受賞-2009年3月
職場で知識や経験豊かな社員(メンター)が相談相手として、支援を必要とする社員(メンティ)の育成をおこなう社内メンター制度を活用し、成果をあげている企業・個人を表彰する「メンター・アワード2009」において、P&Gは組織部門の優秀賞を受賞しました。
P&Gでは、人材育成の一環として、約20年前に日本本社に「社内メンター」を導入して以来、全社員を対象として全社的に実施してきました。自発的にメンターとの関係を築く組織風土があり、長年培ってきた社員の活躍・成長を支えるこの取組みが評価されての受賞でした。
第3回「人を活かす企業 ―ダイバーシティ経営大賞」大賞受賞-2010年4月
P&Gは、第3回ダイバーシティ経営大賞(主催:株式会社東洋経済新報社)を受賞しました。この賞は、多様な人材を重要な経営資源として活かすことを企業理念に揚げ、その実践を積極的に進める企業を表彰することを目的として、2008年に東洋経済新報社によって創設されたものです。審査では、性別・国籍・人種などを問わず優秀な人材を採用し育てるという明確なビジョンの下、女性管理職の登用や外国人採用に積極的に取り組んできたこと、それらを業績評価との連動の中でとらえてきたことなどが高く評価されました。
女性支援、環境教育活動の取り組みが評価 「ひまわり褒賞 2010」受賞-2010年6月
内閣府認証 NPO法人ひまわりの会が主催する「ひまわり褒賞 2010」の企業部門賞を受賞しました。この賞は、出産や育児といった母子保健の分野において活躍し、働きながら子育てをする女性を支えている自治体、団体、企業に贈られるものです。P&Gは、【仕事と子育て】カウンセリングセンターへの支援をはじめとする女性支援活動や、環境教室の出前授業をはじめとする子どもたちへの支援活動の実績が顕著であったことが、今回の受賞につながりました。
日経WOMAN「女性が活躍する会社 第2位」-2012年6月
女性ビジネス誌「日経ウーマン」(日経BP社)の6月号誌上で「女性が活躍する会社Best100」が発表され、P&Gが第2位に選ばれました。過去に同誌が行った女性が働きやすい会社ランキングでも、P&Gはナンバーワンを2回獲得しており、一貫して高評価を得ています。P&Gのダイバーシティ推進の継続的な取り組みと、その結果として女性も男性と同じように力を発揮し、充実したキャリアを形成していることが継続的に評価されています。

P&Gにおけるダイバーシティの考え方
ダイバーシティ  ビジョンと戦略 様々な取り組み ダイバーシティデータ 社員の声

ダイバーシティについて ≫ TOP

職種情報
Marketing(マーケティング)
Sales

(営業統括)
Copyright (C) 2011 P&G. All Rights Reserved.
既卒者採用 TOP 採用 TOP システムに関するFAQ Twitter Facebook P&G Japan TOP P&G Global TOP