FAQ

P&Gセールスのよくある質問

採用について

営業の経験がないのですが、営業職へ応募することはできますか?
できます。P&Gの営業職に関心があり、営業という仕事で今後のキャリアを築いていきたいとお考えの方、「ゼロからP&Gで学ぶ」という意思を持っていらっしゃる方は是非ご応募ください。ノウハウは入社後にトレーニングします。
採用の際、英語力はどの程度重視されますか。
採用基準の一要素として英語でのコミュニケーション力を確認させて頂いております。採用時の基準としては、入社時にネイティブ・スピーカーの英語をある程度聞きとれかつ、自分の意見をある程度英語で伝える能力のある方(TOEIC600点程度)としております。
管理職の募集はしていますか?
基本的にはジュニアポジションでの採用となっておりますが、営業経験の豊かな方については、経験を考慮の上、採用時にポジションを決定させていただきます。

Salesについて

どのような得意先を担当するのですか?
取り扱う製品によって多少異なりますが、店舗担当、チェーンストアの本部担当、卸店の本社・支社担当などがあります。また、化粧品(SK-Ⅱなど)であれば、百貨店や化粧品専門店などもあります。最近では、日本に進出しているグローバルカスタマーもあります。
営業ノルマはあるのですか?
会社全体で、明確な目標を持っています。各担当は、得意先を任されていますので、会社からの一方的なノルマを課せられるのではなく、目標の設定から具体的なビジネスプランの策定まで自分で実施します。その目標とビジネスプランに関しては、あらかじめ上司と話し合い、合意します。
オフィスに通勤しない「直行・直帰」システムとはどのようなものですか。
直行直帰制度とは、毎日オフィスに通わずに基本的には家で仕事をする(家から得意先へ、得意先から家へ)制度です。家で仕事をするためのツール(パソコン/プリンター/シュレッダー)は全て会社より貸与されます。毎日オフィスに通わずに自宅で仕事をすることによって、時間を有効に使うことができ、プライベートと仕事のバランスがとりやすいという反面、高い自己管理能力が求められます。直行直帰のスタイルで仕事を行いますが、定期的に行われるチームミーティングやトレーニング、上司との同行、または各エリアにあるオフィスを通じて社員同士のコミュニケーションを行っています。
Sales で英語を使う機会はありますか?
得意先との現場でのビジネスにおいて、英語を使用する頻度は多くありませんが、社内でメールのやりとりを英語でする、トレーニングを英語で受けるなど、英語を使う場は少なくありません。P&Gでは、英語のスキルが高いとその分情報を得る幅が広がります。
また、グローバルカスタマーを担当したり、セールスプランニングなどの本社勤務や海外勤務になった際には、英語での会議も多く、英語でのコミュニケーションが必須です。
また、英語でのコミュニケーションスキルは、昇進の一つの基準にもなります。キャリアアップに備えて英語のスキルを継続的に高めていくことが必要ですので、個人の努力が必要です。
神戸本社で仕事をすることはあるのですか?
あります。Sales の組織の中に、各ブランド毎に販売企画の立案をしている部署や、人事・トレーニング・採用などを担当している部署があります。
海外で仕事をすることはありますか?
現状としては数多くはありませんが、海外に赴任し営業企画をしている日本出身社員も存在していますし、今後そうした人材が育成されることが急務であると思っています。日本での実績に加えて、海外の赴任先でも同様の、あるいはそれ以上の高い業績を上げていくことが求められますので、日本での勤務において卓越したパフォーマンス(セリング、プランニングとも)・強固なグローバルコミュニケーションスキルを有し、リーダーシップを発揮していることが、そうした海外赴任の前提条件になります。もし、将来海外勤務を希望されるなら、そのための準備として国内で卓越した業績を安定的に発揮することを目指していただきたいと思いますし、それを期待しています。
女性の比率はどのくらいですか?
総合職の社員の中で女性が占める割合は現在約28%です。(ビューティーカウンセラーを除く)過去営業職を希望する女性が少なかったため、全体としては低い数字かもしれませんが、近年は女性の採用が約50%と非常に多く、今後は管理職の割合も増えていくと思います。

勤務地について

勤務地はどこですか?
支店所在地(仙台・東京・名古屋・関西・福岡のいずれか)となります。
勤務地を希望することはできますか?
入社直後の最初の勤務地については、ご希望をお伺いしておりません。最初の勤務地はご入社の時点でのビジネスニーズおよび適性を拝見し、決定しています。
将来の配属先/転勤先はどのようにして決まるのですか?
将来の配属は、個人のパフォーマンス(現ポジションで残してきた実績)+会社のニーズ(個人の育成のためのニーズも含め)+個人のキャリアインタレストという3つの要素の組み合わせで決定されます。個人の要望が100%通るというわけではありませんが、個人の能力を最大限発揮させるためにはプライベートの環境が非常に重要であるということは理解した上で、P&Gに対して社員が最大の貢献ができる最適な配属というのを組織全体で考え、決定しています。
転勤の頻度はどれぐらいですか?
転勤頻度は個人差がありますが、年次の若い社員は成長を促進する為2-3年で担当先変更を行っています。転勤が伴わないケースもあり、東京等大都市圏ではエリア内で担当変更も多々あります。
Entry
募集中のポジションに応募する