Voice 
of 
Staff 

Account Executive

渡邊 綾乃

2006年新卒入社

Ayano Watanabe

Account Executive
Joined in 2006

2度の育児休暇を経てセールスの現場へ復帰
常にフェアな環境にいることを誇りに思う

Q. 現在の仕事内容を教えてください

現在は全国に1000店以上の店舗を持つ大手ドラッグストアのビューティーケアカテゴリーを担当しています。本部での商談に加えて関東・東海エリアも担当していますので、出張をする機会も毎月あります。普段のデスクワーク等で気付けないポイントを、エリアや店舗にも足を運ぶことで機会を発見し、本部商談へつなげています。

Ayano Watanabe

Account Executive
Joined in 2006

My work

Q. P&GのSales に入社して良かったこと、
誇りに思うことを教えてください。

常にフェアな環境であり、チャンスを与えられる事です。例えば私は2度育児休暇を取得してその後復帰していますが、復帰した先のポジションの責任の重さややりがいは、むしろ休暇前よりもありました。保育園のママ友と話すと、自分は同じポジションに行きたかったのに子供が幼いからという理由で戻れなかった、時短勤務を希望していないのに強く勧められた、等、思いもよらぬ現実を知りました。その時に私は男女フェアに機会を与えてくれる環境にいる自分を誇りに思い、より一層この機会を無駄にしないように努力したいと前向きになれました。もちろん働く事や育児へのプライオリティー/バランスは人それぞれですが、自分の目指している環境を会社・上司と相談しながら向き合える事は誇りに思っています。

Q. 入社当時と比べて、自分が最も成長したと
感じる点を詳しく教えてください。

「努力・根性・忍耐力」です。ただの欲張りかもしれませんが、仕事も家庭も両方充実させたいと思っているので、必死でやればやるほど必ず得るものがあると思って突き進んできました。他社の方のお話を聞いていると、自分にとってはあたりまえだったP&Gの会社から任せられている裁量権の大きさには本当に驚きましたし、その分できる事も多くあると思っています。実際に商談ひとつを取ってみても、消費者のデータやマーケティングサポート等、売上利益のみならずセットでご提案できる素材が多く与えられています。責任ある権利を与えられている事で自分を律することができています。

Q. 仕事の難しさ、チャレンジはどのような時に感じますか?
また、どのようにしてそれを乗り越えていますか?

やはり営業ですので、数字に対する責任感は常に抱えています。また、やろうと思えばいつでも仕事ができるという環境ではありませんので、仕事に裂ける限られた時間の中でどこにプライオリティーをつけるかには悩みます。悩んだ時は、先輩の意見を聞いたり、同じような規模の得意先を担当している社員に相談することで、さまざまな可能性を見出し、得意先に信頼頂けるような素直な提案を心がけています。

Q. どのように仕事とプライベートの
バランスを取っていますか?

家に子供と一緒にいる時間は仕事をしないと決めていますので、その分も平日は仕事を優先しています。土日は子供の習い事等もあるため、パソコンもあけません。また、休暇は積極的に取るようにしており、毎年家族旅行をすることを目標にして仕事もプライベートも楽しんでいます。

Q. P&Gで働いていて、ダイバーシティー(多様性)の尊重を
実感するのはどのような時ですか?

まわりに様々なタイプの人がそれぞれの考え方のもと働いています。入社当時は営業に女性は少なかったように思いますが、今では女性の方が多いのでは?と思うほどオフィスに女性が増えました。女性が増えたからといって優遇される、等は一切なく、完全にフェアなところが逆にダイバーシティーを尊重されていると実感します。

Ayano Watanabe

Account Executive
Joined in 2006

Diversity

Entry
募集中のポジションに応募する