Voice 
of 
Staff 

Group Manager

菅原 里香

1996年新卒入社

Rika Sugahara

Group Manager
Joined in 1996

得意先と中長期の販売目標や戦略を共有し
新製品や各種プロモーション活用プランの作成をリード

Q. 現在の仕事内容を教えてください

現在は名古屋在住で、中部・東海・北陸地方で卸店・小売店を担当統括するチームのマネージャーをしています。新入社員から勤続30年を超えるベテラン社員までが所属しており、得意先と中長期の販売目標や戦略を共有し、新製品や各種プロモーションの活用プランの作成をリードしています。
入社から約20年経過しましたが、約2年単位くらいで色々な仕事を経験しました。Sales HR(営業部門人事)では採用やトレーニング,MS&P(営業企画)では食器用洗剤の全国販売企画の立案, カスタマーマーケティングでは購買者起点のキャンペーン開発、グローバルカスタマー担当などを経て現職に至っています。

Rika Sugahara

Group Manager
Joined in 1996

My work

Q. 仕事の「やりがい」を最も感じるのは
どのような時ですか?

メンバーと一緒に得意先に提案し、合意された内容が店頭で実現している瞬間を見ると、一番やりがいと嬉しさを感じます。例えば、「この新商品を中部エリアで一番売りましょう!」と得意先と合意をし、目標を決めて一緒に店頭を作っていく。同じ新製品でも、得意先との合意レベル次第で店頭での展開は全然違うものになります。
営業ですから最終の売上結果を上げることも重要ですが、数字の達成感だけでなく 売場でお客さんが自社製品を手にとっていく現場を見て、得意先と結果を共有できることができる瞬間は最高です。

Q. これまでで最も印象に残っている仕事と
それによって得られたことについて教えて下さい。

本社で食器用洗剤の販売企画を担当していた際のことです。
新製品発売に際し、需要予測や販売プラン・営業現場担当者全員への製品案内も出来上がり、いざ出荷といった矢先にトラブルで発売延期を余儀なくされることとなりました。 新製品で期待されていた売上予測を少しでもカバーするためのバックアッププランを短期間で作る必要があり、最初は連日のプレッシャーと不安でかなり悩んでいました。 しかし同時に上司やチームメンバーだけでなく営業現場担当者・他部署の人々から様々なアドバイスやサポートをもらいました。営業現場で得意先を担当していると、まずは自分で考え、解決してみようという仕事スタイルになることは多いですが、本社経験を通して 他を巻き込んでサポートや資源を活用する という強いリーダーシップを学ぶことができたと思います。

Q. 様々なキャリアを経験した今、感じる
P&G Sales の魅力は何ですか?

Sales と一言で言っても多種多様の業務内容やキャリアを経験できると思います。また、取り扱う商品によっても (雑貨・化粧品・BRAUNなど)主要得意先や商習慣は全く異なっており、選択肢が多いことが魅力の一つとして挙げられると思います。

Q. どのように仕事とプライベートの
バランスを取っていますか?

休日にパソコンの電源を入れないことと 有給休暇を積極的にとることです。
毎年1-2回は海外旅行に出かけていますが 1週間くらいまとめて休日を取るようにしています。
また、私の場合 まとまった休暇だけでなく 大きな仕事が終わった後や商談後切り上げられる時にはさっと終わらせて早く帰宅してリフレッシュすることも多いです。

Q. P&Gで働いていて、ダイバーシティー(多様性)の尊重を
実感するのはどのような時ですか?

入社当初は社内会議に出ても30名中女性は2-3人という環境でしたが、直近では家庭と仕事・育児を両立している女性社員は沢山います。 また 現在女性の部下が数名いますが、同じ女性であっても価値観(キャリア・居住地・家庭に対する考え方)は様々で、 男女問わず家庭の事情・キャリアについて上司と話し合いができる環境だと思います。
また「女性」という点では 消費者やショッパーに最も近い視点や感覚があるため、商品を使用した感想や売場に対する意見を一女性の視点から述べられるということは非常に強みだと思います。

Rika Sugahara

Group Manager
Joined in 1996

Diversity

Entry
募集中のポジションに応募する