会社について

企業理念

世界の人々の、よりよい暮らしのために

P&G社員のすべての活動の原点になるものが「企業理念」です。社員一人ひとりが誠実であること、すべての個人を尊重すること、そして、常に正しいことを行うという当社の伝統は、175年以上続くP&Gの長い歴史を通じて脈々と受け継がれてきました。世界中のP&G社員が、世界中のお客様の信頼に応えて、より優れた品質と価値をもつ製品とサービスを提供するため、日々、最善を尽くしています。

企業目的

私たちは、現在そして未来の、世界の消費者の生活を向上させる、優れた品質と価値をもつP&Gブランドの製品とサービスを提供します。その結果、消費者は私たちにトップクラスの売上と利益、価値の創造をもたらし、ひいては社員、株主、そして私たちがそこに住み働いている地域社会も繁栄することを可能にします。

共有する価値観

P&Gは、社員とその生き方を導く価値観(バリュー)から成ります。私たちは、世界中で最も優秀な人材を引きつけ、採用します。 私たちは、組織の構築を内部からの昇進によって行い、個々人の業績のみに基づき社員を昇進させ、報奨します。 私たちは、社員が常に会社にとって最も重要な資産であるという信念に基づき、行動します。

消費者 共有する価値観 誠実さ リーダーシップ オーナーシップ 勝利への情熱 信頼 P&G製品 P&G社員

行動原則

以下は、企業目的及び共有する価値観から派生する、社員の行動原則です。

会社概要

P&Gは世界No.1消費財メーカーで180年近い歴史があります。
トレーニングカンパニーと言われるほど人を最も重要な経営資源と考えており、人材育成のための投資を惜しみません。そのグループ会社であるP&Gプレステージ合同会社(※)もトレーニング力は同様で、
新入社員研修をはじめ、月々実施されるスキルトレーニング、職責に応じたトレーニング、OJT(オンザ・ジョブ・トレーニング)等様々な機会を経て社員一人ひとりの飛躍的な成長を促し、
ビューティカウンセラーが知識・技術・マナーを身につけ、「一流のトータルビューティのプロフェッショナル」として育つ環境を整えています。
また、2015年にはSK-IIが35周年を迎え、現在では日本で生まれたSK-IIが
アジアのみならず、世界13カ国で発売されるブランドとなりました。
今や親子または3世代に渡ってSK-IIをご愛用いただいているお客様も少なくなく、
これも、「手も足も口もない」商品が「少しでもお客様の美のお役に立ちたい」という
おもてなしの心がビューティカウンセラーの手を通して多くのお客様に伝わり、
長期的な信頼関係が築かれた結果です。
SK-IIのあらたな35周年を私たちと共に築いていく仲間をお待ちしています。
(※) 2016年8月1日 社名変更いたしました。

社名 P&Gプレステージ合同会社(2016年8月1日より)
設立 1987年6月11日(1953年6月創業)
資本金 1億円
売上高 842億米ドル P&G本社及び関連会社連結決算による (2013年6月)
主な事業所 本社 : 神戸
事業所[全国6か所] : 北部、関東East、関東West、中部、関西、西部
工場 : 滋賀
親会社・
  関連会社
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン(株) 
ピー・アンド・ジー(株)
P&Gイノベーション合同会社
P&Gデザインセンター合同会社
P&Gの詳しい情報はこちらをご覧ください。
従業員数 1,750名(内、美容部員1,650名)
事業内容 日本における化粧品・ビューティーケア製品、医薬品などの販売、輸出入。
主要ブランド SK-II、マックスファクター、イリュ-ム
沿革 1909年 マックス ファクターI世により米国ロサンゼルスに創業
1916年 「メークアップ」という言葉がマックス ファクターにより使用される
1949年 東京に総代理店を開設
1953年 日本法人 マックス ファクター(株)が発足。本格的な国内生産が実現
1971年 滋賀県野洲に滋賀工場竣工 
1980年 スキンケアブランド「SK-II」発売
1991年 P&Gグループに加わる
1993年 兵庫県神戸市六甲アイランドにP&G日本支社/テクニカルセンター竣工。
    これに伴いマックス ファクターの本社機能も神戸へ。
1997年 メークアップブランド「マックス ファクター」刷新
2001年 スキンケアブランド「イリューム」発売
2010年 SK-IIが30周年を迎え、大々的なキャンペーンを実施。
2015年 SK-IIが35周年を迎え、「運命よりも、きれいになろう」をテーマにキャンペーンを展開。
2016年 8月に新社名「P&Gプレステージ合同会社」に変更。

ブランド紹介

各サイトに製品の最新・詳細情報を載せています

社会貢献活動

世界の人々の暮らしをよりよいものにし、未来の子どもたちへ豊かな社会を残すため、P&Gでは「環境保全」と「社会貢献」の二つの分野に焦点をあてて、グローバルな活動を行いました。

詳しくはこちらへ
http://jp.pg.com/sustainability/index.jsp