輩が私を優しく強くした。
まだ見ぬ自分へ。

安倉 亜理紗AGURA ARISA

入社8 年目BC2

安倉 亜理紗

Question 01

「一番肌の綺麗な美容部員さんがいる
ブランドで働きたい!」
私は美容の専門学校に進み、美容部員コースに入っていました。「将来働くなら、一番肌の綺麗な美容部員さんがいるブランドにしよう」とずっと心に決めていたので、将来の就職に向けていろんなブランドをめちゃめちゃ見て回ったんです。さらに、色々な年代の方からのカウンセリングも受けてみた結果、どの年代の方もすごく安定感のあるカウンセリングをしてもらえたのがSK-IIでした。実際に商品も使ってみてすごく良かったので、ここなら間違いないなと確信しました。就職活動のずっと前から希望のブランドを決めていたのは私くらいだったので、学校の就職課にもあまりお世話にならず、超がつくほど希望通りに入社できたという感じでした。
01

Question 02

後輩ができたことで、もっと強く、優しくなれた
自分だけではなく後輩の成長を支えることが今の私の大きな役割の一つです。
「中心は新人のあなたたちだよ」と感じてほしくて、後輩とのコミュニケーションをとても大切にしています。友達に近い親近感を持ってもらえるよう努めたり、感情にワンクッションを置いてから言葉を伝えたり…正直、試行錯誤の連続です。おかげで「こんなにおおらかになれるの?」というくらい私自身も成長したと感じています。働いている中で、私のひとことが人に与える影響の大きさを実感することもたくさんありました。自分が選ぶ言葉が変われば、周囲も変わる。そうすると、どんどん雰囲気も良くなっていきました。こうやって、客観的に自身を眺められるようになれたこの仕事が好きですし、なによりSK-IIのスキンケアが好き。私、本当に商品に惚れ込んでいるんですよ。
02

Question 03

女性の「人生」ともいえる素肌に関わるのがBC
肌のカウンセリングはお客様ひとりひとりと密に関わること。やっぱり、素肌って女性の人生だと思うのです。BCはそこに関わる責任のある仕事ですから、当然私たちも真剣勝負の毎日です。肌が美しくなると、人も変わります。お客様の肌がどんどん綺麗になるほど、イキイキと新しい人生を歩まれる姿を見ているような気がして、本当に楽しくて仕方がないんです!辞めたいと思ったことも何度かありますが、その度に思い出すのはお客様の顔。私が入社したての頃から見ていてくださるお客様や、親子三代で担当させていただいているお客様…やはり、お客様がいてくださるからこそ、やる気が出るんです。

Question 04

新たな目標は、多言語で接客できるリーダー
近頃は、海外からのお客様が多い京都の百貨店勤務ということもあり、日本語の接客しかできない自分にもどかしさを感じるように…。もっとこうしたら綺麗になれるのに、って思ってもそれが一つも伝えられないから、それがすごく嫌で…。日本人のお客様と通じ合うのと同じように、海外のお客様とも通じ合えるようになりたいんです。外国語を勉強して、複数の言語で接客できるリーダーになることが私の夢です!
04