社員紹介04

mariko hirata

自社ブランドを愛する気持ちチーム全員で育成をサポートする環境
どのブランドにも負けない自信があります

平田真理子 2002年入社 チーフビューティカウンセラー

Question01 なぜSK-IIのビューティカウンセラーになったのですか?

美に関わること、人に喜んでもらうことが出来て、自分も綺麗でいられる。
化粧品業界で他の会社を受けようとは思いませんでした。
P&Gは「人材育成企業」であり「グローバル企業」。
SK-IIは手が届かないブランドというイメージがありましたが、これから成長していく本物のブランド。
この会社でSK-IIをとおして、自分の好きなことを仕事にしたいと思い、入社を決めました。

Question02 どんなときに仕事の楽しさややりがいを感じますか?

今はチーフビューティカウンセラーという職責のもと、新入社員として入ってきた後輩たちが一人前の
ビューティカウンセラーとして成長する姿を間近に見られ、その瞬間に携われることが本当に楽しいです。
手取り足取り教えるのではなく、自分で乗り越えることが出来るきっかけを与える。
皆それぞれ、「秘めているもの」があります。それを導いてあげるのが上司や先輩、チームメンバーの役割です。
そして乗り越えた時の「キラキラした瞬間」が何よりものご褒美です。

Question03 どのようなことに意識をしながら日々仕事に取り組まれていますか?

後輩たちやチームメンバーを一人前のビューティカウンセラーに育て上げるには、
自分が誰よりも知っていないといけない、日々成長しないといけない、と思います。
女性としてのマナーや素養はこの会社で学びました。
キャリアを積むことで後輩のロールモデルになる為、印象管理には特に意識してきました。
夏でも冷たい飲み物は控えるなど、普段から体調面での意識もしています。
また、製品やサービスなどの情報は会社で学ぶことができますが、
自分で新聞を読んだり、流行のものにアンテナを常に張るようにしています。
様々なお客様がいらっしゃるので会話の引き出しを増やす努力は欠かせません。