社員紹介05

ayumi fukuda

「自ら考え取り組む力」を育み、どこでも通用するようなプロになるサポートをしています

福田あゆ美 2005年入社 チーフビューティカウンセラー

Question01 今のお仕事の内容を教えていただけますか?

現在、チーフビューティカウンセラーとして7名の部下を持ちながら関西地域の店舗を3つ
担当しています。事業戦略の中でも大事なお店を担当させていただいているので、
いかにカウンセリングの質やスキルを上げることで担当店舗の売り上げにつなげられるか、
ということに重点を置き日々活動しています。

Question02 今のお仕事の一番のやりがいはなんですか?

チームとして目標を達成したとき、最もやりがいを感じています。個々のビジネス目標を達成したときも
喜びを感じていましたが、今の立場になってからはその個人の喜びを7人と共有し、
チームとして成長しながら目標に向かっていくことにやりがいを感じています。
そのために、個々の強みを伸ばす方法を試行錯誤したり、言葉よりも姿で見せコーチングをしたり、
チーム内で成功例を共有する機会を増やしたり、と様々なことに取り組んでいます。
ビューティカウンセラーそれぞれのサービスクオリティやスキルが異なる中、
自分のやり方を押し付けるのではなく、一人ひとりがやりたいことを引き出し活かせるようにすることで、
「自ら考え取り組む力」を育み、どこでも通用するようなプロになるサポートをしています。
短期間で結果が見えるものではありませんが、一度身に着けたスキルは一生ものだと思いますし、
その成長がビジネスの結果に直結し、変化するビジネスニーズに柔軟に対応できる一人前の
ビューティカウンセラーに巣立っていく姿にはやりがいを感じています。

Question03 ビューティカウンセラーとして必要な要素だと思われるものはなんですか?

「人を思いやる心」です。年齢や趣味、環境、ライフスタイルなどが異なる様々なお客様がいらっしゃる中、お客様のニーズにお応えできるように
お客様に寄り添ったカウンセリングをすることで、お肌の綺麗さ、女性としての美しさ、そしてその人生までが変化していく姿、
というひとつの共通のものに対して喜びを感じられるのがこの仕事のやりがいの一つです。
そのように、「人の変化」に対して思いやりを持ち、やりがいを見出せる人を求めています。
また、色々な人と協働することが必要となりますので、お客様だけでなく担当店舗の従業員の方、チームメンバー、同僚など、誰に対しても
「人を思いやる心」を持ちながら取り組むことがビューティカウンセラーとして大事な心がけの一つだと考えています。

Question04 振り返ってみて、どのようなことがご自身のキャリアを築くために大事だったと感じていますか?

ひとえに、周りの方のサポートがあったからこそ今まで仕事を楽しみながら続けられていると
感じています。上司や同僚、後輩、営業担当の方など色々な方とコミュニケーションの輪を
持ち続けてきたことで、新しい学びや発見を得て成長し、チャレンジを乗り越えながら
自分自身が描いたキャリアを実現できていると思います。
もう一つ挙げるのであれば、言われることをただやるだけではなく、
「自ら道を切り拓く」ことでしょうか。P&Gという会社は、自分が求めたことには
機会を与えてくれる会社です。どのような立場・役職であってもビジネスパートナーとして
接し合える環境なので、ビジネス目標達成のために必要だと思ったこと、
チームにとって最善だと考えている取り組み、自分自身のキャリアビジョンなど、
自分の考えは常にオープンに、自ら発信してきたことが一つの鍵だったと思います。

Question05 今後のキャリアビジョンを教えていただけますか?

私自身そうだったように、楽しくやりがいを持って働くビューティカウンセラーを増やしていきたいです。
ビューティカウンセラー一人ひとりがそれぞれのキャリアビジョンや強みを持っているので、
それを引き出し伸ばせるよう、まずは心の窓を全開にし、短所よりも長所を伸ばし、
オープンにコミュニケーションをとれるような環境・雰囲気作りを心がけています。
子供がいるビューティカウンセラーも沢山いますし、幅広い年齢で様々なライフスタイルを持つ女性が
いきいき仕事を続けられる輪を広げながら、私自身も子供ができれば、子育てやプライベートの時間を
大切にして仕事の仲間・家族・友人など周囲の方へ感謝の気持ちと思いやる心を忘れず、
女性として豊かな人生を歩めるよう、引き続き仕事とプライベートを両立しながら楽しみたいと思います。