P&Gについて

私たちが果たしている使命

P&Gの製品は、世界180ヵ国以上で使用されており、日々世界の人口の70%の人たちがP&Gの製品を利用しています。

1973年に日本で営業を開始して以来、P&Gは40年以上にわたって時代のニーズを見極め、数々の革新的な製品を送り出してきました。

現在日本ではパンパース、SK-Ⅱ、ファブリーズ、アリエールなど誰もが知っているような21の製品ブランドを販売しています。これらの革新的な製品を消費者に届け続けながら、P&G は過去20年間継続してビジネスを伸ばしてきました。

製品づくりの第一線で働く工場職としての使命

例えば、スーパーに欲しい商品を買いにいけばそれが店頭にいつも並んでいるという光景はごく普通のことかもしれません。しかしそのためには、原材料の調達から加工・製造・品質検査、そして出荷してお客様に届ける、という工程を一気通貫で安定して行う必要があり、高度な専門技術と連携が要求されます。

私たちの製品を待ってくれている世界中の消費者に、確かな品質で、適正な量・価格で、そして求められる必要なタイミングで製品を製造し届けること。これが私たちP&Gの工場職社員が果たすべき使命です。

P&G工場職の仕事で感じられるやりがい

自分自身、友人、家族が消費者となることができます。たとえば将来自分に子供が生まれたときには実際にパンパースを使うことによって、自分の毎日の仕事が消費者の笑顔につながっていることを実感でき、大きなやりがいにつながります。

国内外の市場において消費者の需要は日々増え続けています。より革新的な製品を、より高い品質で、より低コストで生産することが可能になるよう、自らの専門技術・知識を活用し、既存の生産プロセスや機械設備の効率化・機能向上を率先して行うことができます。