先輩社員について

製品への責任感を胸に、決断できるリーダーを目指す
製品への責任感を胸に、決断できるリーダーを目指す

製品への
責任感を胸に、
決断できる
リーダーを
目指す

水谷 勇太

Mizutani Yuta

滋賀工場 製造部門 製造オペレーター
京都産業大学 経営学部経営学科卒
2011年入社

入社1年目から製造プロセス改善プロジェクトメンバーに

入社以来、SK-Ⅱの主要成分である「ピテラ」の生産現場で働いています。さらに並行して、製造プロセスを改善、拡大するプロジェクトにも参加。最近は、ピテラ部門、また電気・システム系のリーダーとして、海外の機械メーカーさんと技術的な情報を共有し、改善方法を探るなど、 コミュニケーションを主導 する役割も担っています。最初にプロジェクトメンバーに選ばれたときはまだ入社1年目。「僕でいいのかな?」と戸惑いもしましたが、期待してもらえるのはうれしく、それに応えたいと思って頑張ってきました。

力をつけるための社内トレーニングメニューが豊富なのも助けになりました。僕はもともと文系なので、電気系の知識をつけるために電気工事士2種の資格を取得したのですが、そのときも、上司が時間を調整してくれるなど会社単位で協力してくれたのはありがたかったです。

自分たちだけが作っているものだから、責任がある

仕事をする中で最も意識しているのは品質です。僕たちが日々作っている製品は、世界中で滋賀工場でしか作っていないもの。つまり自分たちにしか作れないものなんです。世界中で愛用される製品に携っているのを誇りに思う半面、その品質を守ることができるのも僕らだけなのだ、という責任も感じています。

常に高い品質を保つためには、一人ひとりの心がけも大切ですが、エラーにつながりそうなリスクを事前に見つけて、環境から改善していくことが大切だと思っています。そしてそういうリスクを見つけるために、新しく入る人の存在が大きな意味を持つと僕は思うんですね。長く働いていると当たり前になりがちなことも、新人から見ると「なぜこうなっているんだろう?」と疑問になることもある。そこにこそリスクの種があり、改善できるポイントがあるのです。SK-Ⅱに求められる品質を保つには、常にそうした意識が必要だと思っています。

みんなを安心させられる、決断力あるリーダーになりたい

これまでの仕事を通じて思うのは、僕は一つの技術を極めるエキスパートというよりは、人を支えながらプロジェクトを進めていくマネージャーが向いていそうだな、ということです。そういう意味でも、製造プロセス改善プロジェクトの推進役として一定の役割を果たせたことは大きな達成感になりました。また、プロジェクトを通じて他部署の人と接する機会が増えたことで、本来の仕事である生産についてもさまざまな視点を得ることができました。こうして新しいことを学べるのは自分にとってはとても楽しいことだったんです。

今後は、そういう仕事の楽しさを、他の人にも伝えていけるリーダーになりたいと思っています。そのためにつけていきたい力は決断力。仕事の中での答えは1つではありせんが、みんなが納得できる答えを選べるリーダーになるためにも、さらに幅広い視点を身につけていきたいですね。