先輩社員について

働き始めてみて知った、「勉強」「改善」が大好きな自分
働き始めてみて知った、「勉強」「改善」が大好きな自分

働き始めてみて
知った、
「勉強」
「改善」が
大好きな自分

櫻庭 陽子

Sakuraba Youko

高崎工場高崎工場 製造部 製造ライン オペレーター
函館高等専門学校 物質工学科卒
2012年入社

「私が作った」と言える製品がたくさんあります

「ボールド? アリエール? 知ってる!」と興味を持ったP&G。もともとは地元、北海道の企業を希望していたのですが、P&Gの高崎工場を見学し、建物の整然とした感じや、社員さん同士の上下関係を感じさせない雰囲気に惹かれてここで働くことを決めました。地元を離れて働くからには、福利厚生や女性が活躍しやすい環境かどうかも気になりましたが、そこをはっきり制度として打ち出していることにも安心できました。

現在は、オペレーターとして、製造現場で機械を操作し、実際に物を作る仕事をしています。1つのラインで製造する製品も多いので、「私が作った」と言えるものも想像以上に多いんですよ。帰省したとき、実家にあるジョイを見て、「このロット番号は、私が担当していたときに作ったものだよ!」なんて自慢をしています。

頑張りがきちんと評価されるから勉強したくなる

日々の仕事は決して単純作業ではありません。担当機械のメンテナンスをしたり、パーツの分析をしたり、生産工程で発生する時間やお金の無駄をなくす方法を考えたりして自分の仕事を改善。さらに分かったことは書類にまとめてチームメンバーにも共有。思っていたより頭を使うし、事務作業も多いですが、自分の工夫でトラブルが解決したり、全員で品質の向上や効率化をやり遂げたときの達成感はひとしおです。最近は、新商品のライン立ち上げにあたり、機械の初期セッティングにも挑戦。先輩と一緒にゼロから勉強し、考え、工夫をしていくプロセスにはとても好奇心を刺激されました。

でも、実は学生時代はそんなに勉強してなかったんですよ!(笑)こんなに勉強するようになったのは、ほめてくれることの多い会社だからだと思います。私も何度か小さな賞をもらったことがありますが、頑張ればちゃんと評価してもらえて、チャレンジもさせてもらえることは大きなやる気の源。先輩が進むべき方向にうまく誘導してくれたり、みんなで学ぶ雰囲気があることも、勉強が苦にならない理由かもしれません。

目標は、製造工程全体を考えるプロセスエンジニア

今挑戦してみたいのは、ジェルボールを作っている藤岡工場の製造現場です。フィルムに液を詰めるという全く新しい技術をぜひ自分の目で見てみたいのと、現状ではちょっと割高なジェルボールを、自分が工夫することで低コスト化できたら素晴らしいなと思うんです。

もう一つ目指してみたいのはプロセスエンジニアという仕事です。液体洗剤のように生産量の多い製品は、いつ、何を、どう作るかというプランがとても重要ですが、そういう工程を少しでも円滑にするよう考え、品質の向上、安全などさまざまなことに責任を持つのがプロセスエンジニア。30歳までになれるよう、できるだけ多くの現場を経験して、さまざまな知識を身につけていきたいと思っています。