メッセージ

高専生のみなさんへやるべきことは常に明確。自然と成長でき、世界が広がります
高専生のみなさんへやるべきことは常に明確。自然と成長でき、世界が広がります

やるべきこと
は常に明確。
自然と成長でき、
世界が広がります

P&Gは、よい製品を届けることで人の生活を幸せにすることを目指しています。日用品メーカーとしては世界最大の企業ですが、それも拡大主義によるものではなく、よいものを多くの人に届けたいという思いで活動してきた結果。その活動の原動力は「人」だと考えています。「お金とビル、ブランドを取り上げられても、社員さえいれば、10年ですべてを元通りに再建できる」1948年当時、P&G米国本社の会長であったリチャード・R・デュプリーの言葉にあるように、人こそがP&Gにとって最大の財産なのです。

こうした考え方のもと、社員が成長できる環境づくりにも力を入れています。大切にしているのは、一人ひとりの社員が「何を」「なぜ」やるのかを明確にし、身につけていくべきスキルを明確にすること。すべての社員が年に一度、5つの大きな目標を宣言し、月に1回、上司と面談することでこれを実現しています。必要な知識は、日々の生産現場や上司のコーチングで学ぶほか、研修に参加する機会も設けています。本人の意欲さえあればいくらでも学ぶことができますし、さらにそこにスキルがついてくれば、どんな新たなチャレンジでも認める文化があります。
洗剤や柔軟剤などの生産で、P&G内でもアジア最大の規模を誇る高崎工場。アジア各国における「メイド・イン・ジャパン」への絶大な信頼を支える明石工場。世界で流通する「SK-Ⅱ」のすべてを手掛ける滋賀工場。いずれも、生産量を伸ばし、世界をリードし続ける重要な拠点です。それぞれの工場が継続性をもって生産活動していくためにも、現場から多くのリーダーを育てたい。専門的な知識を持ち、さらに成長したいという意欲に満ちたみなさんの入社をお待ちしています。

ピー・アンド・ジー株式会社
工場長
古澤 朗